ウォーキングで正しい脚やせ

ダイエットを実践し、贅肉を落とすことが出来ても、ガリガリの身体となってしまい、その結果美しいボディラインが作れます。
ある程度鍛えられた適度な筋肉が美しいボディラインは備わることで実現することが可能なのです。

 

足の筋肉を鍛えるからと言ってジムに通い、マシンでトレーニングしてしまうと筋肉が付き過ぎてしまうことがあります。
適度な筋肉を付ける事が出来るのが、ウォーキングであり、効率良く脚やせを実感することが出来るでしょう。
多くの女性はエステを利用することによって、自分が求めている最高のスタイルを実現されています。
エステについて抵抗を持っている女性も多いですが、実際に利用してみれば「もっと早く来れば良かった」と思うことでしょう。 脚の贅肉をとにかく落として、細くすることが脚やせを成功させるために大切なことだと考えている方は多いでしょう。
効果的な正しいダイエットとは実際は贅肉を落とすだけは言えないのです。

 



ウォーキングで正しい脚やせブログ:09-7-2017

減量中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
10時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
よるになると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪が体質に蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
体質に脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
体質のエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

よるは、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
10時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

10時は1日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
1日の後半の食事になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
体質に必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
体質に脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

さあご飯食べよ〜っと。